愛犬家住宅 スタッフブログ

既存色調査

2017年08月28日

新入社員の私は、初めて既存色調査というものに同行させていただきました。

 

既存色調査は、外壁やフェンスや扉など鉄部の既存の色を色の見本帳と照らし合わせながら、確認する作業です。

施工前と施工後で色に大きな違いが表れて、お客様の思い浮かべる色と違ったということを防ぐため、事前に色見本長を使って、一つ一つの色を確認していきます。

 

色見本帳にあるたくさんの色の中から、同じ色を探すのは思っていたよりも難しい作業だと感じました。同じような色調の中から、どれが一番近い色か、同じ色かと探すのは、初めて見た私には難しく見えました。一つ一つ確認していくとても地道な作業です。

 

しかし、同行させていただいたベテランの方は、慣れた手付きで確認を進めていきました。

 

写真のように、表面が汚れているため、表面の油分を落とし、本来の色を確認します。

 

汚れを落とした部分に、色見本帳と照らし合わせ確認をします。

 

今回の既存色調査を元に塗り板を作成し、お客様と確認します。

 

塗り板は、A4サイズのような大きなサイズで色を確認できるため、外壁塗装後の完成イメージがしやすくなります。

 

一つのことに対しても、多くの時間と労力をかけ、入念に確認を進め、施工後に最良の建物をお客様にお引渡しできるように進めていく姿勢を学びました。

 

愛犬家住宅で増改築&リフォーム

 

特建課 林田

お問い合わせ・お見積りのご依頼は

  • 048-265-1883
  • メールでのお問い合わせ