愛犬家住宅 スタッフブログ

ペットリフォーム 愛犬家住宅 床 埼玉県

2019年05月21日

皆様、こんにちは。

ペットリフォームのセラフ榎本です!

 

今回は小型犬によくみられる「膝蓋骨脱臼」についてその症状と予防策を書かせていただきます。

膝蓋骨脱臼とは、後肢の膝部分にある膝蓋骨、いわゆる膝のお皿が外れてしまっている状態をいいます。

先天的な原因によるものが多いですが、落下や事故など外傷性で起こることもあります。

 

症状として

・歩き方がおかしい(足を引きずる、地面につけない)

・触ると痛がる

・うまく立ち上がれない

などがあります。

また、重症度によって、外れやすい状態のグレードⅠから常に外れているグレードⅣに分けられています。

 

予防法としては、膝に負担をかけない生活環境を作ってあげることが大切です。

室内飼育の場合は、床を滑りにくくしたり、段差をなるべくなくしてあげると安心です。

 

膝蓋骨脱臼は命にかかわるものではありませんが、重症化すると歩行困難になり、手術が必要になります。

少しでも違和感を感じたら、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

 

ペットリフォームのご相談、御見積りはセラフ榎本にご用命いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

営業企画部

お問い合わせ・お見積りのご依頼は

  • 048-265-1883
  • メールでのお問い合わせ