愛犬家住宅 スタッフブログ

「愛犬との絆」の講演を聞いて

2017年08月23日

安全大会に上司と共に参加させていただきました。

 

安全大会とは、建設業は一歩間違えれば重大な事故が起こり得る場所で仕事をするため、労働災害の未然防止を目的に開かれる、1年間の安全実績の報告、優良協力業者の表彰や講演会などのことです。

 

今回は、安全大会の後半、弊社のイベントなどで「愛犬との賢い遊び方」に講師としてお招きしたディスクドッグワールドチャンピオンの野呂瀬さゆりさんに「愛犬との絆」という題目で講演していただきました。

野呂瀬さんは幼児期からいつも家に犬がいたそうです。

 

さまざまな愛犬を飼ってきた中で、愛犬との出会いや別れを経験してきた中で、環境が整わない中では、愛犬を手放す決断をした経験もあるとおっしゃっていました。

 

住環境が整って飼い始めた愛犬が、理想としていたイメージ通りとはいかず、家の中を走りまわったり、ソファから飛び降りたり、掃除機のヘッドをかじるなど飼い主にとって困った行動をとることもあったといいます。

 

基本的な生活のルールは守るようにしつけをすることが大切です。しつけをするポイントはほめてあげること。もちろん悪いことをすればしかります。

 

しかし、しつけだけで解決できないこともあるかと思います。

 

例えば、住まいにおける困りごとであれば、愛犬が走り回ってもキズがつきにくい・滑りにくい床材を取り入れることで、愛犬がけがをしたりするリスクを減らすこともリフォームをすることで解決できるかもしれません。

 

愛犬と一緒に住まう上で、住環境を整えることは大切ですよね。

 

愛犬と共に暮らしいるといつしかシニアの時期を迎えますよね。

 

野呂瀬さんは、愛犬のためにドッグマッサージを学んだそうです。適切なドッグケアーをしてあげることで未病にも役立ちます。

 

家族のような存在である愛犬のために日々のスキンシップ、愛犬と絆を深めることが、愛犬とより良い関係を築く上で大切だと感じました。

 

大切な愛犬のために、私たち愛犬家住宅のスタッフは、愛犬と愛犬家が共に暮らしやすい住まい作りをサポートしたいと思います。

 

 

愛犬家住宅&リフォーム

林田理

お問い合わせ・お見積りのご依頼は

  • 048-265-1883
  • メールでのお問い合わせ