愛犬家住宅 スタッフブログ

猫 ボディタイプ ペットリフォーム 埼玉県

2018年12月08日

皆さん。こんにちは!

ペットリフォームのセラフ榎本です。

 

ペットリフォームを行う上で、

ネコちゃんの特性を知ることはとても大切です。

今回はネコちゃんのボディタイプについてお話いたします。

 

ネコちゃんのボディタイプは6種類あることをご存知でしたか?

体型の特徴によって名称があるんです。

 

①コビータイプ

コビーは、筋肉質でどっしりとした体型の子です。

四肢や胴は短めで太く、尻尾は短めです。

顔は丸み帯びており、耳は小さめで、両目の間隔は離れているのが特徴です。

代表的な猫種は、ヒマラヤンやエキゾチックなどです。

 

②セミコビータイプ

セミコビーはコビーよりも四肢や胴体、尻尾がやや長い子です。

そして丸くて大きな目が特徴です。

代表的な猫種は、アメリカンショートヘアーやブリティッシュショートヘアー、スコティッシュフォールドなどがいます。

ちなみに、人気品種ランキング2018で1位だったのは、スコティッシュフォールドだったそうです!※1

 

③オリエンタルタイプ

オリエンタルはコビーとは対極で、四肢と胴体は細長い子です。

頭は逆三角形で、大きな耳が特徴です。

代表的な猫種は、シャムなどです。

 

④フォーリンタイプ

フォーリンはスレンダーな筋肉質な子です。オリエンタルほど細くなく、コビーほど丸くなくスタイルがいいそうです。人間でいうと細マッチョですかね…

頭は逆三角形で長い四肢が特徴です。

代表的な猫種は、ロシアンブルーやアビシニアンなどです。

 

⑤セミフォーリンタイプ

コビーとオリエンタルの中間のボディを持っています。やや小さめの細身体型で、セミコビーより細長く、フォーリンよりもずっしりとした重みがあります。

頭は丸みのある逆三角形です。

代表的な猫種は、マンチカンやスフィンクスなどです。

 

⑥ロング&サブスタンシャルタイプ

他の5つのタイプいずれにもに当てはまらないのがロング&サブスタンシャルです。名の通り胴体が長く、骨太で筋肉質のがっしりした体型で、他のタイプと比較して大きめです。

寒い地方で生き抜いてきた猫種が多いとされており、代表的な猫種は、メイクーンやラグドール、ノルウェージャンフォレストキャットなどです。

 

 

以上がネコちゃんのボディタイプ6種になります。

ネコちゃんの体型や体格、もちろん一頭一頭によって運動量は変わってくると思います。

ネコちゃんもワンちゃんと同様に運動不足になるのは健康上よくありません…

弊社ではネコちゃんの運動不足解消として、オリジナルのキャットステップを販売しております。

ネコちゃんが必要とする上下運動ができ、なんと!ステップも好きなところに移動ができ、ネコちゃんが飽きない仕組みになっています♪

その他にも様々な商品を取り揃えております!

ペットリフォームのご相談、御見積りはセラフ榎本にご用命いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回もお楽しみに!

営業企画部 高橋

 

 

※1https://www.anicom-sompo.co.jp/special/name_cat/

参照URL:実は6種類もあった!猫のボディタイプ|にゃんペディア(https://nyanpedia.com/post-4623/)

お問い合わせ・お見積りのご依頼は

  • 048-265-1883
  • メールでのお問い合わせ